1. HOME
  2. コラム
  3. 「Apeの回顧録」by Ape
  4. ショウヘイ
「Apeの回顧録」by Ape

ショウヘイ

当コラムは、ライブイベント「開花宣言」発起人の1人、Apeによる回顧録である。
イベント関係者・出演者との出会いや印象的な出来事を懐かしみ、慈しむ。
This is これがノスタルジック地獄!

ショウヘイくんとの出会い

ショウヘイくんとの出会いは今から遡ること約18年前。稲毛K’s Dreamで偶然対バンしたことがきっかけだった。当時僕はまだ20歳。その頃僕はもう既にVery Apeとして活動していて、ショウヘイくんは当時ever gainというバンドでドラムを叩いていた。

正直昔の話過ぎて、その日の詳しいことやever gainの音楽についてはあまり憶えていないし、その後ever gainと再び対バンすることも無かったのだけど、何故か僕らは今でもこうして繋がっていて、一緒に「開花宣言」を企画することになるのだから不思議である。
自分でもその流れというか、経緯がよく思い出せないので、ここで一度記憶の糸を手繰りながら僕とショウヘイくんの関係性について改めて整理していきたいと思う。

ever gainと対バンした日のVery Ape楽屋ショット

ever gainと対バンした日のVery Ape楽屋ショット

ever gainのトミーくん

記憶を掘り下げていて、一番最初に思い出したのは当時ever gainでギター&ヴォーカルを担当していたトミーくんのことである。
これも昔の話過ぎてちょっと記憶が曖昧ではあるのだが、確か最初のever gainとの対バンから程なくして、SURGEというバンドの主催イヴェントを観るために客として稲毛K’s Dreamに行った時、会場にショウヘイくんとトミーくんも居て、トミーくんが僕の着ていたTシャツを見るなり「カッコいいTシャツだね!売ってよ!」とかそんなようなことを言ってきて、今思うとかなりヤベー奴だけど、僕も僕で打ち上げに参加したかったけど所持金が少なく困っていたので、その場で着ていたTシャツを脱いでトミーくんに売って、ゲットしたお金で打ち上げに参加したという、やたらロックなエピソードがある。(ちなみにTシャツは重ね着してもう1枚中に着ていた。)
もしかしたらその打ち上げでショウヘイくんと色々話したり、連絡先の交換をしたのかも知れない。最初の対バンの時はほとんど話さなかったと思うので。
若い頃って、対バンは全員敵だと思っていて、無駄にギラついた目つきで隅っこに佇んだり、人を近寄らせない奇人オーラを放ったりするので、多分最初はお互いそんな感じで、あまり良いファーストコンタクトではなかったのではないかと思うのだ。

※その後ever gainのトミー君が組んだ「東のエデン」は開花宣言の記念すべき第1回に出演することになる。バンドは惜しくも2017年に解散してしまった。

トミーくんに売ったTシャツと同じデザインのTシャツをネットで発見!

トミーくんに売ったTシャツと同じデザインのTシャツをネットで発見!

ショウヘイくんの新バンド

それから多分2~3年程経った頃、「新しいバンドを組んだから是非ライヴを観に来て欲しい。」というような連絡がショウヘイくんからあった。
当時の僕は本当にフットワークが軽かったし、よくお金が続いたなあとも思うのだが、基本的に誘われたライヴには予定が空いていれば顔を出すようにしていたし、誘われなくても観たいライヴを観るために日頃からライヴハウスに通い詰めていた。そんな訳で僕は誘われるがまま、ショウヘイくんが新しく組んだというバンド「ヒーヒズヒムイズム」を観るために下北沢BASEMENTBARに単身向かったのだった。
しかし、これも昔の話過ぎて具体的なライヴの内容についてはあまり憶えていない。ライヴが終わった後に、ショウヘイくんや、初対面であるそのバンドのメンバーたちがわざわざ挨拶しに来てくれたことだけは薄っすらと憶えている。そのショウヘイくん以外のメンバーというのが、現ヒステリカヒストリアの鞠ちゃん&ぺよん、あと元Garrettのリドくんであり、この辺りの話からはなんとなく現在まで地続きな感じがする。
とは言え、それ以降ヒーヒズとVery Apeはそんなに深く絡んだ訳ではないし、対バンも結局2回しか出来なかった。彼らと気軽に話したりする仲になるのはもっとずっと後のことだったように思う。それこそヒスヒスが始動して、頻繁にVery Apeと対バンするようになってから徐々に仲良くなっていった気がする。

ヒーヒズヒムイズム アー写

ヒーヒズヒムイズム アーティスト写真

ヒーヒズヒムイズム アー写

ヒーヒズヒムイズム アーティスト写真

殺し屋ベイビー

2011年に、僕は「殺し屋ベイビー」というバンドに加入した。
殺し屋ベイビーは毎月1~3本HEAVEN’S DOORでライヴをしていたので、この頃から僕は頻繁にHEAVEN’S DOORに出入りするようになった。
それまではVery Apeで2~3年に1回出演する程度で、なおかつ客としても年に1回行くか行かないかぐらいだったので、僕にとっては特段ホームと呼べるようなライヴハウスではなかったのだ。
と、ここまで書いてやっと分かったけど、恐らく僕が殺し屋に加入して、HEAVEN’S DOORによく出演するようになったこの頃にショウヘイくんとの距離が一気に縮まったのだと思う。
殺し屋でHEAVEN’S DOORに出演して、終演後にフロアでダラダラ飲んでいる時に、モップを持ったショウヘイくんとくだらない話をしたなあということを、ぼんやりと思い出してきた。

殺し屋ベイビー アーティスト写真

殺し屋ベイビー アーティスト写真

「開花宣言」誕生前夜

2013年にヒーヒズが解散して、2014年の夏にヒスヒスが始動した。
それと関係があるのかないのかは分からないけども、ちょうどその頃、ショウヘイくんからVery Ape宛にHEAVEN’S DOORへの出演オファーの連絡を頻繁にもらうようになった。Very Apeは当時メンバーの都合であまりたくさんライヴが出来ず、またスケジュールも常に結構先まで埋まっているような状態だったので、なかなかショウヘイくんからのオファーを受けることが出来なかった。
そのまま月日が流れて1年ほど経った頃、突然いつもの定型文での出演オファーではなく、一緒に何か面白いことが出来ないか、という趣旨の相談ベースのメールがショウヘイくんから送られてきたことがあった。結構抽象的な内容だったけど、それでも僕はその文面から並々ならぬ熱量を感じたのだ。

やっぱりヘブンスはノルマももらってないし、そもそも金銭的な事を抜きにしてもその日その日を盛り上げたいと思っていて、(そういう気持ちはエイプも同じだと思うんだけど。)
で、中でも俺とエイプは偶然同じ歳じゃない?

だから、何か面白い事を一緒に出来ないかな?
例えば俺とエイプの共同企画って形にして、普段のベリーエイプ企画とは違った趣向を凝らしてイベントを作るとか。

マジ超思い付きで、今パッと閃いただけの案です。
なので具体的な案がある訳じゃありません!
でも、毎年歳を食って、ヘブンスも25年目を迎えて、そろそろ俺らの世代が諸先輩方を黙らせるような動きを取らないといけないなと思っている過程でこの案を思い付いたので相談させてもらいました。

と、許可も取らずに勝手にショウヘイくんからもらったメールを貼り付けちゃったけど、なんだろうなあ。ちょっと無骨だけど、「ライヴハウスを盛り上げたいんだ!」という強い意思を感じたのだ。こんなメールもらったら力を貸すしかないじゃんね。

そうして始まったのがこの「開花宣言」というイベントなのである。

Ape