1. HOME
  2. コラム
  3. 「Apeの回顧録」by Ape
  4. 燐-Lin-
「Apeの回顧録」by Ape

燐-Lin-

当コラムは、ライブイベント「開花宣言」発起人の1人、Apeによる回顧録である。
イベント関係者・出演者との出会いや印象的な出来事を懐かしみ、慈しむ。
This is これがノスタルジック地獄!

燐ちゃんとの出会い

2012年7月29日(日)に、Very Apeは越谷EASYGOINGSが主催する打倒FUJI ROCK的なイヴェントに出演させてもらった。
対バンは、ロリータ18号、打首獄門同好会、ドブロク、BLACK VELVET LUCY、_ _ _ _*(テイヘン)、あと地元のバンドが1組というメチャクチャ熱い内容で、客として会場に遊びに来ていた燐ちゃんはその日に初めてVery Apeのライヴを観てくれたのだった。
恐らくそれから数日ぐらい経ったある日のこと。まだその時は面識もないのに突然燐ちゃんがVery Ape宛に熱いメールを送ってきてくれたことがあって、それが彼女との最初の接点ということになるのだが、文面から凄い圧というか、暑苦しさが滲み出ていて、「なんかヤベー奴からメールが来たな……。」というのが最初の印象だった。
まあ、そういうヤベー圧を平気で放てるのが燐ちゃんの魅力というか、強みだと思うのだけど、そのメールをもらってから燐ちゃんとはライヴハウスで客同士という立場でよく遭遇するようになった。もしかしたらそれまでにも同じ空間に居合わせていたことが何度かあったのかも知れないが、お互いに認識するようになったのは上述のメールでのやり取り以降のことである。

2012年7月29日(日)越谷EASYGOINGSのイヴェントフライヤー

2012年7月29日(日)越谷EASYGOINGSのイヴェントフライヤー

COMezikとの対バン

最初のメールのやり取りから3ヶ月ぐらい経った頃、燐ちゃんが当時組んでいたバンド「COMezik」と初めて対バンすることになった。
燐ちゃんが現在所属しているバンド「NONMALT」のリーダーであるウエダくんは当時「カイモクジショウ」というバンドでドラマーを務めていたのだが、そのカイモクジショウのレコ発イヴェントが2012年11月17日(土)に池袋Admであって、そこにVery ApeとCOMezikの両バンドが偶然誘われたことで早くも対バンが実現したのだ。
また、それから約5ヶ月後の2013年4月27日(土)に、今度は渋谷La.mamaでCOMezikのレコ発イヴェントがあって、そこにもVery Apeを誘ってもらえたので、COMezikとはこの短い期間で2度も対バンをするが出来たのである。

COMezikとカイモクジショウは、Very Apeよりも少し下の世代のバンドだ。
Very Apeの活動期間は当時既に10年を超えていて、野心を持ってガムシャラに活動していた時期を過ぎ、進むべき方向を若干見失いかけていた頃でもあったので、「今が全盛期です!」という感じでギラつきまくっていた当時の彼らからイヴェントに誘ってもらえたことは本当に嬉しく、光栄で、当時はそれがメチャクチャ励みになったし、負けてられるかという気にもさせてもらった。それと同時に、どちらのイヴェントも中身が濃くて非常に盛り上がったので、この2つのバンドから誘ってもらった2つのレコ発イヴェントのことは今でも鮮明に憶えている。
特にCOMezikのイヴェントは他出演者が今も最前線で活躍している、打首獄門同好会、忘れてモーテルズ、ドブロク、だったりするので、そりゃ盛り上がるでしょうよってことは当時を知らない人でも容易に想像できると思うし、この内容を今La.mamaでやったらチケット即完でしょ。
そんなこんなで僕はその日嬉しくってお酒を飲み過ぎて、気が付いたら打ち上げに残っている出演者はCOMezikとVery Ape兄弟だけという悲惨な状況になっていて、酔っぱらったVery Apeのおじさん兄弟2人組はCOMezikのメンバーに朝までエンドレスで同じ戯言を聞かせるという地獄をお見舞いしてしまい、そのことは今でも深~~く反省している。

COMezik アーティスト写真

COMezik アーティスト写真

COMezik アーティスト写真

COMezik アーティスト写真

プライベートでも仲睦まじく

いつから、何がきっかけでそうなったんだっけ?というのはもう全く憶えていないのだけど、いつしか燐ちゃんとはプライベートでもよく遊ぶ仲になった。
一番最近だとつい先月、我がホームグラウンド高尾まで来てもらって一緒に川遊びをしたり、昨年の夏は神奈川の海でBBQをやったり、さらにその前の年の夏にはなんと燐ちゃんの実家までお邪魔して、トマトの収穫を体験させていただいたり、流し素麺や蛍との触れ合いを体験させていただくなど、気付けばかなりディープな付き合いをさせてもらうようになっていた。

ちなみに、その燐ちゃんの実家にお邪魔した件はもう本当に夢のように楽しくて、本来は日帰りのはずだったのに急遽泊まらせていただくことになって、夜にはテンションの上がった燐ちゃんのお父さんが、きっと大切な日のために取っておいたであろうブランデー「ナポレオン」を開けてくださって、それを速攻で空けてしまって、最後は部屋に布団を敷き詰めて皆で横になったのだが、なんて言ったらいいか、非常に夏休み的というか、修学旅行的な感じがして、童心に帰ったようで最高にエモかった。
その日一緒に燐ちゃんの実家にお邪魔したメンバーは皆僕のことを普段「Apeさん」と呼んでくれていたのだが、僕はお酒の影響もあって感情がおかしくなってしまって「Apeくんって呼んでくれ!!!」と懇願しまくったのだが、結局その日を境に“さん”呼びから“くん”呼びに変わったのは、現在「ダムダム団」でギターを弾いているJIMIちゃんただ一人だった。

トマト収穫中の燐ちゃん(戦慄の無許可アップロード地獄)

トマト収穫中の燐ちゃん(戦慄の無許可アップロード地獄)

2021年8月15日(日)は久しぶりの開花宣言!

まだまだ色々と大変な状況が続きますが、8/15(日)は久しぶりの開花宣言です!
燐ちゃんにはこれまでに、特典Tシャツへのイラスト提供だったり、出演者としてだったり、様々な形で開花宣言に関わってきてもらいましたが、今回はライブペイントとして参加してもらいます。
詳しくはショウヘイくんのコラムを読んでもらえたら意図が伝わると思うのですが、今回はよくある普通のライブペイントとはまた違った形でやって欲しいというお願いをしておりまして、どういう結果になるのか僕もまだ全然想像できていなくて、今からその作品の完成を楽しみにしております。

なお、僕は今回は完全に裏方として、設営・物販・写真撮影などを担当させていただくことになっております。
こんな大変な時だからこそ、ひたすらハッピーな一日に出来ればと思っております。
諸々ご都合がよろしければ是非遊びにいらしくてください!

Ape